夏みかん

 

 

夏みかんです。暖冬だからか、例年は春先に採れる夏みかんがもう黄色くなりました。

中を割ってもとてもジューシー、ジャムもいつも通りにできました。今期は他のみかんに替えてのジャム作りがとても短い期間ですみそうです。

ジューシーフルーツのマーマレードももちろん好きですが、独特の酸味と苦味がお砂糖に包まれている夏みかんのマーマレードはとくに好きです。ジャムのほかパウンドケーキやパフェ、ゼリー、ソーダフロートにも使っていきます。

季節を飛び越えて早くも春が来たような感じをmikan屋のカフェからお届けします。

秋が深まり想うこと

だんだん寒くなってきました。塩害の影響で葉の色付きが心配ですが、ちらほらと紅い葉っぱが出てきています。

mikan屋の庭も冬の花を植えてみました。ビオラは乾燥に弱く朝晩の水やりが必要ですが、水をやるとちゃんとこたえてくれてシャンとなる様がかわいらしく毎日楽しみです。

 

最近、子育て真っ最中のママや年配の男性のお客さまが増えてきました。感じることは、みまさま会話を求めているんだなということです。衝動的にひとを刺したりわが子を虐待したり悲しい事件が後を絶ちません。誰かと話をすることで、勿論、すべてが防げるわけではないけれど、気持ちが楽になること、気持ちが変わることは絶対にあるはずです。

特に悩みがなくても、会話することで発見があったり物事の見方が変わったりすることもあります。

mikan屋に来店されるお客さまはもっと気楽にいらっしゃるのでしょうけれど、コミュニティーのお手伝いができてうれしいです。そして、私も、みなさまと会話することで日々いやされているのです。

 

11月なかば、今年もたくさんの出会いがありました。そんなことを思いながら、クリスマスリースを出しています。


ギャラリー

織物展に続き、手作り市もとても賑わいました。

最近ギャラリーでの催しが増えてきてとてもうれしく思っています。

 

ギャラリーは私のほかに2名のスタッフと一緒に運営しています。常設の陶芸作家よしみさんとアメリカのヴィンテージ雑貨を仕入れているりかさんです。ホームページ制作や空間の作り方、作品の配置などなど立ち上げの時からいろいろと教えていただいています。mikan屋の構想すらまだ全くなかった頃によしみさんとは、お互いの持ち味をいかして焼き菓子と陶器のコラボがしたいねなどとよく話したものでした。

寒い冬の夜に、りかさんのアトリエにのヴィンテージ雑貨を見に行ったこともありました。

オープンから一年半が経ち、その間にいくつかの展示会をやりましたが、展示替えをして常設に戻るとお二人と出会った頃のことが懐かしく思い出されます。

ご近所の方々だけではなく、良いスタッフに恵まれて、こうしてmikan屋で毎日過ごせることにあらためて感謝しています。

 


夏みかんの木

 

 

 

季節外れですが、mikan屋の夏みかんの木が芽吹いてきました。

先日の台風で葉っぱが全て落ち、塩害の影響で元気がなかったのですが

ここ2、3日で新芽が出ました!

これから寒くなるので花が咲くのか心配です。

この夏みかんの木は、実は記念樹で、私が生まれたときに植えたものと聞いています。5年くらい前までは毎年順調に実が成っていたのですが、老朽化なのか近頃は全く成らなくなっていました。そんな木がこんな時期に芽吹いたのです。秋空に向かってシャンと葉を伸ばして、生命力を感じます。

mikan屋の名前の由来でもある夏みかんの木、どうかがんばってみかん色の実をつけてください。

一年半が経ちます


すっかり秋らしくなってきました。

 

おかげさまで、mikan屋はまもなくオープンしてから一年半になります。

開店当初と同じく、お客さまの8割は地元葉山の方々です。周りの方たちに支えられてここまできました。

赤ちゃんから年配の方まで幅広い年齢層の方々が来店されます。

mikan屋に集うことによって人の輪が広がって、年代は関係なく友達になっていく。そしてそれぞれの得意分野を出し合ってイベントをしてみんなで元気になる。そんな流れがこの一年半でできてきた気がします。

『一人ではなかなかできないこともみんなで力を合わせればきっとできる』私の信じている言葉のひとつです。

mikan屋はこれからも、人と人とのつながる場所、つながるきかっけとなる場所として存在し続けたいと思います。

 

地産地消

半年ほど味わえた夏みかんですが、今日作ったジャムが今期最後の夏みかんのマーマレードになりました。

夏みかんは葉山にたくさん生ります。御用邸のある葉山では、以前皇室のお祝い事があった時に町民に記念品で夏みかんの苗を配ったそうで、そのために今ではたくさん収穫できるのだそうです。mikan屋で使っている夏みかんもご近所で採れたものをいただいています。とてもすっぱいですがマーマレードにするには最適です。地産地消ができてありがたいと思っています。

今は端境期であまり採れない葉山野菜ですが、もう少ししたら里芋や大根、小松菜などをまた庭で販売する予定です。朝採れで新鮮なものを提供します。

                  地元のものだからこその良さがお客さまにも伝わるといいなと思っています。

 

おだやかな日

台風の影響で午後からは雨が降っています。まだ風はなく静かなmikan屋です。

一雨ごとに秋が深まるようで、急に寒くなって暖房をつけたりしています。

ついひと月前くらいまでは暑くて大変だったことがうそのようです。

 

涼しくなって、ワンちゃんを連れて来店される方が増えてきました。特に朝は、テラス席にいつもワンちゃんがいてとてもかわいいです。また、夏の間は外出をひかえていたという近所の方も来店されるようになりました。いつものmikan屋が戻ってきた感じです。落ち着いた時間が流れています。そして、テラス席用の毛布を出したりお座布団を冬仕様にしたりカフェのメニューに温かいものを取り入れたり、去年と同じように移り行く季節に合わせた準備をしています。

何か特別な出来事があるわけではないけれど、こういったなんでもない日常の暮らしを送れることに心がなごみます。

普通に過ごせることにありがたさを感じます。

 

日本をまた縦断する台風の被害があまり大きくなりませんように・・・


おはなし会とコクちゃん


『かゆさんのおはなし会&かき氷』は回を重ねるごとに子どもたちが増えていき盛況のうちに今期は終了しました。

また晩秋におはなし会を行う予定です。

 

おはなし会にもセラピー犬のコクちゃんが参加してくれました。最初はコクちゃんが気になってお話に集中できない子もいましたが、コクちゃんがおとなしくお話しを聞いている様子に影響されてかだんだんとお話にひきこまれていきました。何かをするわけではないのだけれど。その存在だけで癒され気持ちが穏やかになります。

 

かゆさんのゆかいなお話で楽しみ、コクちゃんに癒され、かき氷を食べて、子どもたちの夏の良い思い出になってくれたらうれしいです。